青森県と防災協定を締結

いつもありがとうございます。
3月23日、青森県と災害時の協定を締結致しました。
本件のような協定締結は、市町村レベルでは既にありますが、「府県レベル」での協定締結は、東北初となります。
この協定で災害時に、三菱アウトランダー・プラグインハイブリッド車両を、無償で青森県に提供させて頂きます。

この三菱アウトランダーは、厳しい青森の冬にも強い、世界初の充電できる 四輪駆動の本格SUVハイブリッド車両です。

ガソリンとバッテリーが満タン・満充電の状態で、約700キロもの走行が可能で特筆すべきは、大容量の電源供給車両にもなり、一般家庭の電力量の最大約10日分もの電源をこの車1台で賄う事が可能です。

総務省の調査によりますと、非常用電源を有する市町村は全国的に半数にも満たない状況ですが、昨今の大規模停電の長期化により人命救助の目安となる72時間を超える深刻な事態も想定されます。

こうした中、昨年、青森県で ご導入頂いたアウトランダーPHEVが、台風19号で被災した他県の自治体の応援車両として1ヶ月以上にも亘り被災地でフル稼働していました。
青森三菱自動車といたしましても之を機に、他県の三菱販社や三菱自動車工業の協力を得て災害時には、青森への応援体制の強化に向け整えて参ります。

最後に、弊社は本年で創業71周年目を迎えますが、今後共、地元の企業として青森県民の皆様の為になるような企業活動を続けて参る所存でございます。



青森三菱自動車販売㈱

関連記事

  1. 青森菱友会が2018年度 ねぶた大賞を受賞しました

  2. 8月の休業日

  3. JASPER登場!!

  4. 夏季休業のお知らせ

  5. 新型『デリカD:5』 本日より予約注文を受付開始

  6. コンパクトミニバン『デリカD:2』『デリカD:2 カスタム』…

アーカイブ